categories

archives

■メールマガジン登録・解除

◆刊行記念特典申込

書籍購入で講演DVDプレゼント
DVDimg
※画像はイメージです。
実際の商品とは異なります。

詳しくはこちら
特典申込サイトへ

◆Amazon 書籍購入

■2014年11月10日発売
強い会社はなぜ、この習慣を大切にするのか?

■2010年1月22日発売
book img

大企業がうらやむ中小企業

2016年12月1日 vol.356
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  会社は「環境整備」で9割変わる! 〜強い企業文化と社風の創り方〜

       株式会社武蔵野 専務取締役 矢島茂人
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 大企業がうらやむ中小企業 ◆


先週紹介したのは、経営品質協議会の、セルフアセッサー育成の講座に参加
した須貝佑介の感想「経営計画書はスゴイ道具だった」を紹介しました。

武蔵野の強みは、

・その道具「経営計画書」を浸透させる仕組み
・書かれている内容を全社員でつくっていくというボトムアップの仕組み

にあります。

須貝と同じく、経営品質協議会の、セルフアセッサー育成の講座に参加した
米田文平は、この部分を強く感じて帰ってきたようです。

講座は、グループワークも多く、大企業の社員とも交流があります。

武蔵野の経営計画書をちらっと見せて話をしたところ、大企業からの参加者
たちに、次のように言われたそうです。


「うちにも、経営理念や大義名分はあるけれど、誰一人、言葉の意味がわか
 らないというようなものなんですよ。武蔵野さんは、言葉ひとつひとつを、
 従業員みんながわかっているんだね」


「大企業は、子会社化をどんどん進めていますが、最終的に子会社は、大元
 の意思決定のもとで動かなければならないので、経営へ参画しているとは
 感じられないんですよね」


このように、武蔵野の仕組みを、うらやましがられたそうです。

なぜ、経営品質協議会のセルフアセッサー育成講座で学ばせるのか?
その答えのひとつが、ここにあります。



"武蔵野には、大企業にひけをとらない仕組みがある”



米田が終了後に言いました。
「他社と比較することで、講座を受けながら、仕事のやりがいまで感じまし
 た」と。


・道具「経営計画書」を浸透させる仕組み
・書かれている内容を全社員でつくっていくというボトムアップの仕組み

これらが会社を強くするのは、社員の仕事のやりがいを大きくすることにも
なるからです。


株式会社武蔵野
専務取締役 矢島茂人

○バックナンバーはこちら
⇒ <http://kankyo-seibi.com/?cid=1>



━<矢島茂人 書籍・DVDのご案内>━─━─━─━─━─━─━─━─━

強い会社はなぜ、この習慣を大切にするのか?(あさ出版)
会社は「環境整備」で9割変わる!(あさ出版)

【DVD(レガシィ)】

心を開いて真似すれば黒字になる社長さんの6つの秘訣
http://www.legacy-taxport.fpstation.co.jp/products/detail.php?product_id=1545&cat=738


これをまねればうまくいく 小山昇実践済みの経営手法をまるごと公開
http://www.legacy-taxport.fpstation.co.jp/products/detail.php?product_id=1391&cat=738


======================================================================
Copyright(c)2014 Musashino Inc. All Rights Reserved.

スゴイ道具

2016年11月24日 vol.355
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  会社は「環境整備」で9割変わる! 〜強い企業文化と社風の創り方〜

       株式会社武蔵野 専務取締役 矢島茂人
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ スゴイ道具 ◆


「経営計画書はスゴイ道具だった」と、メールを送ってくれたのは、経営サ
ポート事業本部の須貝佑介です。

武蔵野は、日本経営品質賞を2回受賞しましたが、さらに組織の変革をすす
めるため、経営品質協議会の、セルフアセッサー育成の講座を社員が受講し
ています。

今回は、アセスメントコース(A1)に参加しました。
※A1:経営品質向上の考え方に基づき、組織の変革を推進する人材(セルフ
アセッサー)を育成する講座の基礎編。

須貝のメールをご覧ください。


(ここから)

矢島さん、ボイスメールの返信をいただき、ありがとうございます。
所感を送らせていただきます。

まず、感じたこととして手帳型経営計画書の凄さです。

新卒で入社して、当たり前のように配布され、当たり前のように使ってきて
いましたので、この道具がいかに凄いのかということが全く分かっていませ
んでした。

今回、日本経営品質賞を学ぶにあたり、自社の取り組みについてのグループ
ワークを行い、各社が自社での取り組みを話しました。

「うちはどうだったかな」と頭を捻っていましたが、武蔵野では、経営計画
書に全て書かれおり、その項目を開いて、説明すれば良いだけでした。

それが、経営方針、情報報告、会議の仕方、全てにおいて「武蔵野ではこう
です」と説明することができました。

3つのグループにわかれて発表ましたが、それぞれのグループの武蔵野の社
員が同じように経営計画書で説明していることが凄いことだと思います。

同じグループの参加者の方の声で「皆さん、持ち歩いているんですね。」と
何気なく言われましたが、社内の勉強会でなくても当たり前のように持ち歩
いていること。

わからないことがあったら武蔵野ではどうだったかなと経営計画書をみてい
る……共通の道具と、共通の認識が、本当に凄いことだったのだと感じまし
た。

それも、日本経営品質賞のことがわからないうちから、自然と身に着けさせ
る仕組みと教育は、そう真似できるものではないと思います。

今回、武蔵野、経営サポートのお客様以外の企業の方と話し、当たり前にや
り過ぎて、気づいていなかったことに気づけました。

日本経営品質賞のアセスメント学び、意識して行動していけば、更に良くな
ると思いますので、引続き、A2、A3と学んでいきます。

(ここまで)


共通の道具である「経営計画書」の重要性を、社外研修で気づいて、さらに
自社の仕組みに磨きをかけてくれると確信しています。

社外研修は、自社を客観的に見ることができる絶好の機会です。より一層、
自社の改善を進めるためにも武蔵野では、社外研修は必須なのです。

そして、それには経営計画書という道具を作り、社内に浸透させていること
が、大前提であることも、おわかりいただけると思います。


株式会社武蔵野
専務取締役 矢島茂人

○バックナンバーはこちら
⇒ <http://kankyo-seibi.com/?cid=1>



━<矢島茂人 書籍・DVDのご案内>━─━─━─━─━─━─━─━─━

強い会社はなぜ、この習慣を大切にするのか?(あさ出版)
会社は「環境整備」で9割変わる!(あさ出版)

【DVD(レガシィ)】

心を開いて真似すれば黒字になる社長さんの6つの秘訣
http://www.legacy-taxport.fpstation.co.jp/products/detail.php?product_id=1545&cat=738


これをまねればうまくいく 小山昇実践済みの経営手法をまるごと公開
http://www.legacy-taxport.fpstation.co.jp/products/detail.php?product_id=1391&cat=738


======================================================================
Copyright(c)2014 Musashino Inc. All Rights Reserved.

ラスベガス研修を活かす

2016年11月17日 vol.354
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  会社は「環境整備」で9割変わる! 〜強い企業文化と社風の創り方〜

       株式会社武蔵野 専務取締役 矢島茂人
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ラスベガス研修を活かす ◆


10月24〜29日は、ラスベガス研修でした。
帰国した日には、たくさんのボイスメールが入りました。その中から、経営
サポート事業本部の田中光俊と、高橋佑旗から入ったボイスメールをご紹介
します。


まず、田中光俊です。

(ここから)

ラスベガス研修に行かせていただき、誠にありがとうございました。

金光社長のお話の中で、「カジノの売上が6割、ショーなどの売上がもう4
割になっている」というお話がありました。(「ラスベガス=カジノ」とい
うように)これが常識だと思いこんでいたら、間違ってしまうのだとわかり
ました。

当然、大きな変革というのもありますが、小さなことを変え続けることが、
一番、大切なのだと思います。

ですから、わたし自身も、変えたら「これで終わり」ではなく、しっかりと
「本当にこれでいいのか?」「成果は出ているのか?」と常に見直し、PD
CAを回し続けることを実践してまいります。


また、海外旅行で感じたのは、ちょっと困ったときに、待ってあげる雰囲気
や、笑顔で話してくれる人に、すごく安心感をわたし自身が感じることがで
きました。

経営サポートの業務でも同じことが言えると思いますので、わたし自身が声
をかけてあげる、笑顔で接することを、お客様に実践していきます。

今回は、研修に参加させていただき、ありがとうございました。

(ここまで)


続いて、高橋佑旗です。

(ここから)

今回は、ラスベガス研修に参加させていただき、ありがとうございました。
先ほど成田に着きましたので、ご報告いたします。

2回目の参加でした。前回と違って見れた部分は、昼のラスベガスと夜のラ
スベガスです。見せ方によって、同じ場所でも、昼と夜で大きく印象が変わ
るのだと感じました。

経営サポートでも、同じものも違ったカタチに見せることで、違うサービス
になったりしないか?と考えました。

運営面でも、インカムの親機はスイッチを入れっぱなしなので、長持ちする
いい電池を使うなど、改善点が見つかりました。

来週から始まる業務では、ラスベガスでの学びから、効果が出るものを取り
入れていきたいと思います。

(ここまで)


仕事への意識を高める、自分を変える、業務を変えることに、各自がつなげ
て考えてくれていることを、とても嬉しく思います。

ベンチマーキング、パクリウォーカーなど、他社の良いところを「パクる」
「真似する」が、だいぶ定着してきているなぁと感じました。

ラスベガス研修に参加するだけでも、すごく大きな刺激がありますが、普段
から感受性を高めておくことで、何倍の効果も出てきます。

実務をするのは社員、小さな改善をしていくのも社員なので、社長と幹部だ
けではなく、社員みなで学ぶことも大事なことです。


株式会社武蔵野
専務取締役 矢島茂人

○バックナンバーはこちら
⇒ <http://kankyo-seibi.com/?cid=1>



━<矢島茂人 書籍・DVDのご案内>━─━─━─━─━─━─━─━─━

強い会社はなぜ、この習慣を大切にするのか?(あさ出版)
会社は「環境整備」で9割変わる!(あさ出版)

【DVD(レガシィ)】

心を開いて真似すれば黒字になる社長さんの6つの秘訣
http://www.legacy-taxport.fpstation.co.jp/products/detail.php?product_id=1545&cat=738


これをまねればうまくいく 小山昇実践済みの経営手法をまるごと公開
http://www.legacy-taxport.fpstation.co.jp/products/detail.php?product_id=1391&cat=738

======================================================================
Copyright(c)2014 Musashino Inc. All Rights Reserved.

ラスベガス研修の意味

2016年11月10日 vol.353
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  会社は「環境整備」で9割変わる! 〜強い企業文化と社風の創り方〜

       株式会社武蔵野 専務取締役 矢島茂人
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ラスベガス研修の意味 ◆


10月24〜29日は、ラスベガス研修に行ってきました。

海外研修は「視察という名の遊び」だと思われがちです。

なぜ海外研修に行くのか?
毎年、海外研修に行くのか?
なぜ毎年ラスベガスなのか?

今日は、そこをお話ししたいと思います。


ラスベガスは、変化が非常に激しい・早い街です。世界中で、ラスベガスほ
ど、企業の「変化の激しさ・早さ」を感じさせてくれるところは、なかなか
ありません。

企業の「変化の激しさ・早さ」は、つまり、お客様とライバルの「変化の激
しさ・早さ」です。

日々の生活をしていると、変化はじわじわしているものの、「お客様は変化
する」「ライバルも変化する」ということを、なかなか感じることはできま
せん。

ですから「お客様とライバルは変わる」ということを肌で感じるために、わ
ざわざラスベガスに行くのです。頭でわかっているつもりなのと、肌で感じ
るのには、雲泥の差があります。

自社の経営判断に大きく影響してきます。

毎年、見るからこそ、その「変化の激しさ・早さ」がわかるわけですね。


また、武蔵野の塾の中では伝えにくいことを、ラスベガスではレクチャーし
ています。たとえば、「囲い込み」や「強制導線」についてです。

ラスベガスの店舗は、メイン商品に向かっていくように、意図的、計画的に
設計されています。

実際に、お店でそれを見ながら解説していくと、参加者にはとても驚かれま
す。こういったことは、現場じゃないと伝わらないので、ラスベガスならで
はのことだと思っています。

ラスベガス研修では、とにかく歩きます。特に到着した日は、時差ボケ解消
のため、30000歩歩きました!

これだけでも、普段の生活とは大きく異なる刺激と学びがあることを、感じ
ていただけるのではないでしょうか。

次回も、ラスベガス研修での気づきや学びについて、シェアしたいと思いま
す。


株式会社武蔵野
専務取締役 矢島茂人

○バックナンバーはこちら
⇒ <http://kankyo-seibi.com/?cid=1>



━<矢島茂人 書籍・DVDのご案内>━─━─━─━─━─━─━─━─━

強い会社はなぜ、この習慣を大切にするのか?(あさ出版)
会社は「環境整備」で9割変わる!(あさ出版)

【DVD(レガシィ)】

心を開いて真似すれば黒字になる社長さんの6つの秘訣
http://www.legacy-taxport.fpstation.co.jp/products/detail.php?product_id=1545&cat=738

これをまねればうまくいく 小山昇実践済みの経営手法をまるごと公開
http://www.legacy-taxport.fpstation.co.jp/products/detail.php?product_id=1391&cat=738


======================================================================
Copyright(c)2014 Musashino Inc. All Rights Reserved.

社内アセスメントの変化

2016年11月3日 vol.352
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  会社は「環境整備」で9割変わる! 〜強い企業文化と社風の創り方〜

       株式会社武蔵野 専務取締役 矢島茂人
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 社内アセスメントの変化 ◆


社内アセスメントの場所が今年から変更になりました。

社内アセスメントとは、各部門が上期・下期の実行計画をつくり、社長の小
山にプレゼン、承認をもらうまで実行計画を練るというもの。経営計画書を、
各部門でどう実行するのか落とし込むためにおこなう、ボトムアップの仕組
みとなっています。

事業部の実行計画の作成には、全社員とアルバイト・パートの方も参加し、
意見をすいあげることにとどまらず、全員が参加して考えています。

ここ数年、参加人数が増え、会場はギュウギュウ。
無理やり入っているくらいの状態でしたが、今年はもう限界。今回から、中
野駅の広い会場に変更となりました。


また、もうひとつ変更点があります。年に2回の社内アセスメントですが、
前回からは、社長の小山にプレゼン・承認という体制も変わりました。

社長の小山に加え、役員の滝石とわたしが、一定部門を担当することになっ
たのです。


ここまで来るのに十数年かかりました。


貴社において、これを短縮するのも経営サポート事業の役割だと思います。

武蔵野は、たくさんのチャレンジ(行動)と失敗を繰り返しながら、ここま
で来ました。この圧倒的な行動と失敗がノウハウになっています。わたした
ちが回り道した分を、貴社は「高速道路」を走るように、ショートカットで
ゴールまで導いていきます。

かといって、タイムマシンのように一足飛びに同じになるというわけではあ
りません。成長や改革には、必要なプロセスがあります。

武蔵野との違いに焦る人もいらっしゃいますが、すぐに同じようにしようと
せずに、「高速道路」を走りながら、必要なプロセスを経ていくのだと思い
なおしてください。

貴社の成長発展を、精一杯サポートしていきます。


株式会社武蔵野
専務取締役 矢島茂人

○バックナンバーはこちら
⇒ <http://kankyo-seibi.com/?cid=1>


━<矢島茂人 書籍・DVDのご案内>━─━─━─━─━─━─━─━─━

強い会社はなぜ、この習慣を大切にするのか?(あさ出版)
会社は「環境整備」で9割変わる!(あさ出版)

【DVD(レガシィ)】

心を開いて真似すれば黒字になる社長さんの6つの秘訣
http://www.legacy-taxport.fpstation.co.jp/products/detail.php?product_id=1545&cat=738


これをまねればうまくいく 小山昇実践済みの経営手法をまるごと公開
http://www.legacy-taxport.fpstation.co.jp/products/detail.php?product_id=1391&cat=738


======================================================================
Copyright(c)2014 Musashino Inc. All Rights Reserved.

| 1/75PAGES | >>