categories

archives

■メールマガジン登録・解除

◆刊行記念特典申込

書籍購入で講演DVDプレゼント
DVDimg
※画像はイメージです。
実際の商品とは異なります。

詳しくはこちら
特典申込サイトへ

◆Amazon 書籍購入

■2014年11月10日発売
強い会社はなぜ、この習慣を大切にするのか?

■2010年1月22日発売
book img

飲食業は最も起業しやすく、最もつぶれやすい!?

こんにちは。
株式会社武蔵野の矢島茂人です。


昨日、小山昇との「ダブル講演セミナー」にて
お話させていただきありがとうございます。
50人の定員一杯となり、驚いております。



さて、前回の続きになります。


飲食関連の事業は、あらゆる事業の中でも、
「最も起業しやすく、最もづぶれやすい」と
よく言われます。


起業しやすい理由としては、
1:工場などに比べればイニシャルコストが
  低い(居抜き物件ならなお低くなる)。
2:日銭が入り、支払いはあとになるので、
  資金繰りが比較的楽。
3:立地さえよければ立ち上がりはうまく
  行く場合が多い。
4:資格が必要などの参入障壁はなく、誰に
  でもできる。


最もつぶれやすい理由としては、
1:ライバルが非常に多い。
2:一度お客様に逃げられるとなかなか
  帰って来てもらえない。
3:自店の接客・サービス対応レベルが、
  直接今後のお客様の来店につながるので、
  すぐに結果が現れる。良い結果も悪い結果も。


などがあげられます。  


街中で、「あっ、ここに居酒屋さんあったのに
もうイタリアンに変わってる」なんてことは、
よくあることですよね。


飲食業では「味」もさることながら、
このご時世、特に「接客・サービスレベル」で
差が如実に現れます。


社長が勉強しているお店と、そうでないお店。
社員が勉強しているお店と、そうでないお店。
勉強して現場で実行しているお店と、
そうでないお店。


その差は歴然です。
そして業績に直結します。


さらに次回に続く。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック