categories

archives

■メールマガジン登録・解除

◆刊行記念特典申込

書籍購入で講演DVDプレゼント
DVDimg
※画像はイメージです。
実際の商品とは異なります。

詳しくはこちら
特典申込サイトへ

◆Amazon 書籍購入

■2014年11月10日発売
強い会社はなぜ、この習慣を大切にするのか?

■2010年1月22日発売
book img

意見を言うことの難易度

2017年11月2日 vol.414
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  会社は「環境整備」で9割変わる! 〜強い企業文化と社風の創り方〜

       株式会社武蔵野 専務取締役 矢島茂人
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 意見を言うことの難易度 ◆


前回に引き続き、
武蔵野で活用している、「EG」という
人の分析ツールについて。


EG(エマジェネティックス)は、
人の遺伝子に描かれた青写真と
人生の経験からなる思考と行動のスタイルを
科学的に分析し、理解することで

対人関係や個人の資質を
飛躍的に向上させることができる
プロファイリング(心理測定)を用いた研修プログラムです。


この分析でわかることのひとつが「自己表現性」


前回紹介した4タイプ。
同じように、「人が好き」な赤タイプでも、
行動特性は異なります。


たとえば、飲み会で、
関わらず中心的に話をする人と、
少人数は盛り上がるけど大人数になると
端っこのほうでニコニコているだけの人が
いますよね。

これは、思考タイプは一緒なのですが
行動特性が違うと言えます。



「自己表現性」が高い人は、
思ったことを、発言しないことがストレスです。


「自己表現性」が低い人は、
思ったことを、発言することに
勇気が必要です。



自己表現性が高いリーダーの下に、
自己表現性が低い部下がついたらと
想像してみてください。


リーダーが言うことが
間違っていると思っても、
部下は意見を言えず、

つらいことやトラブルも相談できず
もんもんとし、

不満をためていきます。



この事実を知ったとき、
リーダーは驚きます。


「え! 言えばいいじゃん」

「早く言ってくれたらいいのに」

「俺が違っていたら、指摘してよ」

「俺の発言が絶対じゃなくて、みな意見を言っていいんだよ」


部下たちは、

「いやいやいやいや、大きな声で
 自信満々に言われたら、言い返せませんって」

「意見を言うのは、すごく勇気がいるんですよ」

「意見を言っても、つぶすじゃないですか」



自己表現性が高い人は、

「つぶしてるんじゃなくて、
 意見を出し合って話し合い……」



自己表現性が低い人は

「とても話し合うというスタンスには見えません」




相手は自分とは違うのだ、と知らなければ
このようなすれ違いが起きてしまいます。


自己表現性が弱い人がいて、
しかもそれが、部下の立場だとより言いにくいと
わかっているからこそ、

武蔵野の会議では、リーダーは最後に
発言することになっています。


仕組みとして用意しつつも、
この人は、自己表現性が高いのか低いのかを
お互いに把握しておくことで、より
コミニュケーションがしやすくなります。



わたしも、EGの研修講師や
分析ができるアソシエイトになるための
コースを受けています。

武蔵野でも、どんどん取り入れていきたいと
思っています。



株式会社武蔵野
専務取締役 矢島茂人

○バックナンバーはこちら
⇒ <http://kankyo-seibi.com/?cid=1>



━<矢島茂人 書籍・DVDのご案内>━─━─━─━─━─━─━─━─━

強い会社はなぜ、この習慣を大切にするのか?(あさ出版)
会社は「環境整備」で9割変わる!(あさ出版)

【DVD(レガシィ)】

心を開いて真似すれば黒字になる社長さんの6つの秘訣
http://www.legacy-taxport.fpstation.co.jp/products/detail.php?product_id=1545&cat=738


これをまねればうまくいく 小山昇実践済みの経営手法をまるごと公開
http://www.legacy-taxport.fpstation.co.jp/products/detail.php?product_id=1391&cat=738


======================================================================
Copyright(c)2014 Musashino Inc. All Rights Reserved.

コメント
コメントする