categories

archives

■メールマガジン登録・解除

◆刊行記念特典申込

書籍購入で講演DVDプレゼント
DVDimg
※画像はイメージです。
実際の商品とは異なります。

詳しくはこちら
特典申込サイトへ

◆Amazon 書籍購入

■2014年11月10日発売
強い会社はなぜ、この習慣を大切にするのか?

■2010年1月22日発売
book img

チャンスは平等。結果で差をつける

2017年11月30日 vol.418
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  会社は「環境整備」で9割変わる! 〜強い企業文化と社風の創り方〜

       株式会社武蔵野 専務取締役 矢島茂人
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ チャンスは平等。結果で差をつける ◆


甲子園を目指す高校球児たちは
すべて平等に、県大会予選のチャンスが
与えられます。

そこで結果を出せた学校が
甲子園に行くことができる。

自分たちが出した予選の結果によって
甲子園の出場が決まる。

実に平等なシステムです。



これは、社長の小山昇の言葉。
「絶対会社を潰さない社長の口ぐせ」より。



武蔵野の人事評価も、同じ考え方です。


結果を出した社員に手厚くするのが、「公平」



「公平」というと、
一部だけに手厚くしない、偏らないという
イメージを持たれることが多いですが、

逆です。



「公平」とは「差をつけてあげること」


わたしはこれを、
「公正なるえこひいき」と呼んでいます。




これから賞与のシーズン。



小山は言います。

「多くの社長は、結果を出していない社員にも
 ゼロ円ではかわいそうだと、賞与を2〜3万
 払います。

 けれどそれでは社員は辞めます。
 なぜなら中途半端だから」


チャンスは平等に与え、
結果で評価に差をつける。

これが武蔵野流の「公平」なのです。



株式会社武蔵野
専務取締役 矢島茂人

○バックナンバーはこちら
⇒ <http://kankyo-seibi.com/?cid=1>


━<矢島茂人 書籍・DVDのご案内>━─━─━─━─━─━─━─━─━

強い会社はなぜ、この習慣を大切にするのか?(あさ出版)
会社は「環境整備」で9割変わる!(あさ出版)

【DVD(レガシィ)】

【NEW】
実録! 武蔵野の残業ゼロ
https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/3387

できないなら習慣にすればいい 経営者はもうかる習慣を身に付ける
https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/2191

心を開いて真似すれば黒字になる社長さんの6つの秘訣
https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/1926

これをまねればうまくいく 小山昇実践済みの経営手法をまるごと公開
https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/1857

======================================================================
Copyright(c)2014 Musashino Inc. All Rights Reserved.

コメント
コメントする