categories

archives

■メールマガジン登録・解除

◆書籍購入

■2014年11月10日発売
強い会社はなぜ、この習慣を大切にするのか?

■2010年1月22日発売
環境整備で9割変わる!

第三の視座を持つと映画の学びも変わる

2019年9月19日  vol.463
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  会社は「環境整備」で9割変わる! 〜強い企業文化と社風の作り方〜

       株式会社武蔵野 専務取締役 矢島茂人
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 第三の視座を持つと映画の学びも変わる ◆



実践Gアップ塾や実践経営塾、
経営者コミュニケーション実践塾などでは、


自分の目線だけではなく、
「第三の視座」を持つように
伝えています。


会社組織を将棋にたとえ、
駒としての目線だけではなく、
指し手の目線をもちましょうということ。



指し手としての「第三の視座」を持つと、
エンターテイメントの見方も
変わってきます。



たとえば、先日ご紹介した映画
「二宮金次郎」をご覧になった人からの
感想をご紹介します。


(ここから)


矢島さん、「二宮金次郎」
どうしても見たかったので
無理矢理時間を作って、
今日の11時半からの回を見てきました。

とにかく後回しにするのはやめようと
思い見てきました。


これは完全に(私の勝手な)予想と期待を
良い意味で裏切るとても素晴らしい映画でした。

もちろん矢島さんお勧めの映画なので
期待はして行ったのですが、
私の浅はかな予想とは違いました。


施策=仕法のエピソードなどによって
二宮金次郎の功績を讃えるような内容か
と思いきや、

仲間、信念、勇気、そして
二宮金次郎自身の成長の話だったんですね。

とても感動もしましたし学びにもなりました。



とは言え、いつもの私なら
映画を見たら二宮金次郎に感情移入して、

そして「でも二宮金次郎にはなれないな」
とどこかで思い、

尊敬と憧れの念だけが残っていると思います。



しかし、今回は先週末に
「第三の視座」を学んだばかりなので、

二宮金次郎だけでなく
周囲のさまざまな立場の人の果たしている
役割や関係性、

その人たちの成長、
組織・グループ・仲間としての成長の観点でも
考えることができました。


二宮金次郎は必ずしも「王将」でなく
「金」の立場とも思いますしね。

だからこそこの映画の奥深さがあるなぁと
思いました。



そして、二宮金次郎にはなれなくても、
どの役割なら果たせるかな?などと
思いを巡らせました。


(抜粋ここまで)



塾でお話しているのは、

指し手としての「第三の視座」を
失ったままだと、正しい、真の
戦略的必死のコミュニケーションはできない
と言うことですが、


人生全般にも同じことが言えます。


よい映画も、「第三の視座」により、
見える世界も、心の持ちようも、
明日からの行動も変わってくるのです。




株式会社武蔵野
専務取締役 矢島茂人

○バックナンバーはこちら
⇒ <http://kankyo-seibi.com/?cid=1>


━<矢島茂人 書籍・DVDのご案内>━─━─━─━─━─━─━─━─━

強い会社はなぜ、この習慣を大切にするのか?(あさ出版)
会社は「環境整備」で9割変わる!(あさ出版)

【DVD(レガシィ)】

【NEW】
実録! 武蔵野の残業ゼロ
https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/3387

できないなら習慣にすればいい 経営者はもうかる習慣を身に付ける
https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/2191

心を開いて真似すれば黒字になる社長さんの6つの秘訣
https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/1926

これをまねればうまくいく 小山昇実践済みの経営手法をまるごと公開
https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/1857

======================================================================
Copyright(c)2019 Musashino Inc. All Rights Reserved.

コメント
コメントする