categories

archives

■メールマガジン登録・解除

◆書籍購入

■2014年11月10日発売
強い会社はなぜ、この習慣を大切にするのか?

■2010年1月22日発売
環境整備で9割変わる!

全員お客様担当

2019年10月31日  vol.469
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  会社は「環境整備」で9割変わる! 〜強い企業文化と社風の作り方〜

       株式会社武蔵野 専務取締役 矢島茂人
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 全員お客様担当 ◆


前回のメルマガに、
社内アセスメントで
今年、また新たな変更もおこなったと
書きました。


ひとつは、事業部体制の変更です。


これまで、
武蔵野の経営サポートのセミナー事業は、

お客様担当部門と、
セミナーの実施をする運営部門に
わかれていました。



お客様担当部門が、
お客様のお困りごとやご要望を聞いたり、
お客様の状態にあわせて、
おすすめの塾を提案したり
していました。



運営担当は、それぞれ、
自分の担当の塾をスムーズに
運営するのがミッションでした。



新しい体制では、
研修の運営担当者も全員、
お客様担当者という意識で
取り組んでいくことになります。



たとえば、
自動車ディーラーさんで言うと、

これまで、
お客様のお困りごとやご要望を
聞くのは、営業・接客担当ですが、

整備担当者も、お客様担当ということ。


整備をしながら、
お客様のお困りごとやご要望を収集し、
そのまま、提案までしていきます。



武蔵野の経営サポート事業に話を戻しますと、
運営担当は、これまでも情報を収集し
お客様担当にフィードバックしていましたが、


より踏み込んで、
お客様の声を聞き、営業担当とチームになって
お客様満足を追求していきます。


ご期待ください。



株式会社武蔵野
専務取締役 矢島茂人

○バックナンバーはこちら
http://kankyo-seibi.com/?cid=1


━<矢島茂人 書籍・DVDのご案内>━─━─━─━─━─━─━─━─━

強い会社はなぜ、この習慣を大切にするのか?(あさ出版)
会社は「環境整備」で9割変わる!(あさ出版)

【DVD(レガシィ)】

【NEW】
実録! 武蔵野の残業ゼロ
https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/3387

できないなら習慣にすればいい 経営者はもうかる習慣を身に付ける
https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/2191

心を開いて真似すれば黒字になる社長さんの6つの秘訣
https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/1926

これをまねればうまくいく 小山昇実践済みの経営手法をまるごと公開
https://www.legacy-cloud.net/ordinary_products/1857

=======================================================================
Copyright(c)2019 Musashino Inc. All Rights Reserved.

コメント
コメントする